去年は

こんばんは。

小田切です。

約一年前はドイツのエッセンモーターショーに行っておりました。

その話はここから

その1

その2

 

今年はコロナウイルスの状況を考えるととても行ける状況ではなく・・・

来年のお楽しみで。

そんなnull-barのエントリーモデル『kntrl』を装着したシロッコが先月のスタンスマガジンに続き、

es4さんに掲載されています。

 

55万円のキットながらフロントはビルシュタインショックのmade in Germany。

変な突き上げは無いながらも、しっかりとした脚で走りを楽しむレベルであれば難なくこなしちゃう実力の持ち主。

取材の移動で片道1時間ほど乗りましたが、ある意味普通。

下手な車高調(普通のレートの物でも)より快適です。

で、null-barのサスペンション類を扱うようになってより思うようになったのは、

社外サスペンションでの乗り心地(&走り)です。

社外だから仕方がないと言ってしまえばそれまでですが、

最近は見かけのスペックの為の車高調なんじゃないの?ってものもあります。

車高調は30段階ぐらいの減衰と、フルタップ、ピロアッパーが付いてるのがいい車高調なんて風潮がある様に感じますが

ある程度車高を落としたり、攻めたセッティングしない方は必要なかったり、

かえってそのチョイスだとあまり乗り心地良くないんじゃないか・・・

なんてチョイスをしてしまっている方も、時折見かけます。

減衰調整の段数が多ければ乗り心地がいいわけではないし、

音鳴りや乗り心地の面で言えば純正のゴムや、樹脂のアッパーマウントの方に分があります。

 

ある程度のローダウンであれば、純正アッパーを使用したネジ式の方がオススメな場合が多いです。

多少の調整もしなくてOKという方は純正形状の社外ショックにダウンサスの組み合わせもありかもしれません。

逆にミニバンに多いですが、リアがトーションビーム(アクスル)で

リムかぶるくらいに落としたいというご希望の方は、手数的にも金額的にも

ある程度の覚悟の上でやって頂く必要がある場合が多いです。

ただ車高調をつけただけでは落ち切りません。エアサスでも同様です。

なので、雑誌やイベントでリムが思いっきりかぶってる車を見ていいなあと思って同じようにするとなると

なかなかなメニューをやらなくては到達できない場合も。

当然だとは思いますが、ある一定以上の領域になってくると、一筋縄ではいかなくなってくることがほとんどです。

 

ご自分で試行錯誤してみるのも楽しみ方の一つですが、

なるべく無駄な費用をかけたくない方は、最終ゴール地点を決めてご相談くださいませ。

現状の予算とゴール地点を考えて今どうしたらいいのかご提案させて頂きます。

以上小田切でしたー!

毎日更新!スタッフバトンブログのブックマークは→コチラ←から!(*^^*)


友だち追加





 

===SNSや関連サイトはこちらから===

 

↓↓☆☆HP☆☆↓↓

ショップ部門(ジェットストローク)
https://jetstroke.com
塗料メーカー部門(ラバーディップ)
https://www.rubberdip.jp
塗料メーカー部門(SPPF)
https://sppf.rubberdip.jp/
鈑金塗装部門(クルマド)
https://kurumado-group.com/
ワンオフ造形部門(ジェットコンセプト)
https://www.jet-concept.jp/
パーツメーカー部門(エフェクター)
https://effecter.jp/
オリジナルパーツ・商品部門(ジェットストア)
https://jetstroke.stores.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(メッサー)
https://messer-wheels.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(R3)
https://r3-wheels.jp/
24Hロードレスキュー(ジェットレッカー)
http://jetstroke.wixsite.com/jetwrecker
tokyo motor collection
https://jetstroke.com/lp/tokyo-motor-collection/

↓↓☆☆公式LINE@ページ☆☆↓↓

↓↓☆☆ブログ☆☆↓↓

スタッフブログ
https://jetstroke.com/blog/category/staff/
オーナーブログ
https://jetstroke.com/blog/category/owner/

↓↓☆☆Facebookページ☆☆↓↓

ジェットストローク
https://www.facebook.com/jetstroke.funpage/
ユーロサイドbyジェットストローク
https://www.facebook.com/euroside.jetstroke/
ラバーディップ
https://www.facebook.com/rubberdip/
クルマド
https://www.facebook.com/kurumadogroup/
エフェクター
https://www.facebook.com/effecter.jp/
メッサー
https://www.facebook.com/messer.jetstroke/
R3
https://www.facebook.com/R3.jetstroke/
tokyo motor collection
https://www.facebook.com/tokyomotorcollection/

姉妹店 JETSTROKE LAKESIDE

   
ホームページ
https://jetstroke-ls.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/Jetstroke-lakeside-296200804561382/
   
インスタグラム
https://www.instagram.com/jetstroke_lake_side/

————————————————-
有限会社 ジェットストローク
■店舗 (店頭へお越し予定の方はこちら)

〒273-0121 千葉県鎌ヶ谷市初富178-2

TEL: 047-446-5557 FAX: 047-446-5552

休店日: 祝日 / 夏季 / 年末年始 / イベント出店日

営業時間: 10:00~19:00(木曜は10:00~15:00までの短縮営業)
————————————————-