社長発。今回は語る回。長いから覚悟しておいて。(笑)

昔はよくブログで語ってたけど、最近は語って無いからたまには語ってみる。(*^^*)

一昔前までは「FRP製品なんで面が波打つのは当たり前だし社外品なんてそれなりのクオリティにしかならないですよ。」って、お客さんを騙してた。というより、自分達も本気でそう思ってた。(^-^; でも今はメーカーさんから出荷されたままの製品の状態では素材的に限界があっても、仮合わせのフィッティングをしっかり行い、場合によっては切った張ったして造形し直し、目を凝らして巣穴を埋めまくり、スプレーパテを全面に塗って面を当て板でしっかり研ぎ出せば、純正部品と同じ品質までパーツをグレードアップされる事が可能だ♪

この超手間隙のかかる作業を入庫するボディワーク待ちの車両全台に行う。それが僕らのルーティンでありプライド。僕がこの業界に入ったきっかけは16才の時にバイトしてたFRP屋だからね。そして何よりそんな自分達が好きなんだ。

僕はしっかりとした鈑金塗装修理が出来るスキルがベースにあるからこそ、カスタムでお客様を魅了することが出来ると思ってる。

たまに「ジェットストロークは工賃が高い」と噂されてるみたいだけど、高いんじゃなくて適正な作業工数に自社のレバレートをかけてるだけ。むしろそれ以上の作業をしているつもり。それでも高いと思うなら他のショップに行ってもらっても構わない。うちは設備も材料も拘ってるし、工賃を値切られると職人の価値を下げることに繋がっちゃうし、値引きした結果、店を継続出来なくなることが一番の裏切りだと思ってるからやらない。僕らは僕らの仕事っぷりを愛してくれるお客様だけを笑顔に出来ればそれで良い。

話は変わるけど、今、業界を飛び越え日本中が変革の時。新コロがもたらした国境の閉鎖や個人間の交流封鎖に対し、グローバルに発展を遂げてきた経済と人々の生活様式はあっさりと方向転換し、早くても2021年以降このパンデミックが終息した後、3.11の時のように人々の価値観は大きく変わると思う。

それなのにここから何も学ばず、以前のような世の中に戻ったと勘違いし、今まで通りのビジネスのやり方しか出来ない経営者は、5年後、先延ばしにした融資の返済に追われるかもしれない。

間違えなく「組織」は再編成され、強い「個」が生き残る時代が来る。

リモートワークも凄い勢いだね。この一ヶ月間で、知ってる。や、できる。ではなく、しなければならない。に変革を遂げた。突然副業OKになった会社も多くあるみたい。

民意や経営戦略とは関係無しに、お偉いさん達でも制御出来ないまま、組織でのコミュニケーションにNGが出されたんだ。僕も毎日画面に向かって一人でしゃべってる。(笑)

この急速な変化を誰が予測していただろう。
そしてこれは本当に短期的なものなのだろうか。

今はまさに変革の時。経営者はまずマクロの視点でアンテナを高く張り、経済の流れと人の価値観の変化の渦潮を敏感に捉えていかなければならない。

でも一方でね。

僕ら中小企業は、大きな渦潮に敏感になるだけではなく、自分がこの船の船長として、ミクロの視点で戦略の再構築や船員のモチベーション管理をしなければならない。ニュースやコメンテーターに踊らされるだけじゃなく、今を良い機会と捉え、自社のUSPや存在意義をもう一度確認しておくべきだとおもう。

その中で、僕の出した答えはこうだ。

まずみんなが辛いときだからこそ、どうやって売ろうとか、自分達だけが助かることに一生懸命になるのではなく、自分達は誰の役に立てるだろうとか、誰の悩みを解決だろうとか、そこから逆算するべきだと思った。

そして具体的に何が出来るだろうと考えた。
まだ完全な答えにはたどり着いてないけど、ちょっと書いてみようと思う。(*^^*)

前述した通り、会社とは世の中の役に立ってナンボ。僕の会社は誰かの悩みを解決するために存在する。

街から車が消えれば事故は減る。当然下請け体質の会社は元請けが営業を自粛すれば自社が店を開けようが仕事は入ってこなくなる。しかし僕らはそれを逆手にとって「週末の外出を控えている間にその傷の修理しときませんか?来店は不要で車も自宅に引き取りに伺いますよ!」と、「個」に向けて直接一斉発信し、既に関係性のある顧客達から仕事を得ることが出来ている。カスタムの方も何件か来店キャンセルが出たけど、今も変わらず新規のオーダーは頂いてます。

この経験からまず僕は、元請けに依存しない直受率95%の強みを活かし、10人以下の組織を持つ同業者をターゲットに、うちの収益の仕組みをお伝えする無料のオンラインセミナーを開催しようと思う。参考になるかどうかは分からないけど、やってみよう。この取り組みに関しては、今僕が連載を担当している業界紙BSRの中でも煮詰めていこうと思う。

二つ目は、僕らは子供達に対し何が出来るかという視点だ。大人が不安なのだから子供だって不安に決まってる。そして子供達が未来に夢を馳せなくなったら、この国に希望は無い。
僕は紙芝居を通じて小学生の仲間とも関わりをもってるから、心配でしょうがない。
そして今回の件で政治家だけにこの国を任せておけないと強く思った。でも自分達が選んだリーダー達を批判しても始まらないから、自ら行動することにした。国とは国会ではなく民だから。そして国を動かすのは政治家ではなく僕ら中小企業の経営者だと思ってるから。海外に身を置くことも視野には入ってるけど、今はまだその時じゃない。やり残したことが山ほどある。

僕はこの国に生まれた責任として、またこの業界で生きる先輩として、また僕らを育ててくれた先輩達への恩返しとして、僕らと同じ道を目指す学生をターゲットに、僕らでしか出来ない教育を行いたい。前からあった発想だけど、今はより強く思う。新コロ終息後、ジェットストロークのリアルな現場に塾生を迎え入れ、カスタマイズと経営を実践で伝授するアカデミーを開く事にした。また地方にいる学生や既にこの業界で働く若者に対しても、オンラインセミナーで悩みを受け付け、僕とうちの職人さんが即時回答する経営問答を行いたい。それと全国のクルマ好きと100人同時にオンラインで繋がり、愛車の自慢やコンテストを行うWEBカーイベントも企画したい。(*^^*) これもBSRの連載と絡ませよう。

次に、僕の大好きな先輩が経営する新宿歌舞伎町の地下のBAR BIG TIMEが休業に追い込まれているので、オーナーのふなちゅう つねさんのもう1つの仕事であるTシャツ工房に、ピンストライパーのみゆきちゃんにデザインを考えてもらった打倒コロナTシャツの製作を依頼した。このTシャツで得た収益は全額マスク購入資金に充て、月末付近の発送と同時に10枚ずつ購入者に配布するつもりです。アベノマスクの5倍よ!(笑)みんな買ってね!(*^^*)

次にやっぱりブレずに、今まで通り、僕らの最大の強みであるカスタマイズとモノヅクリの力を使って、安心安全な移動する個室であるクルマを1/1のプラモデルに見立て、誰とも接触せずに、自分の世界観を表現するクルマ遊びを「個」に向けてワクワク提案したい♪

旅行やイベントに参加出来ないなら、クルマのカスタムに金を使おうぜ!(使ってくれ!笑)!って提案したい。また来店出来ない方のために、ZOOMを使ったオンラインカスタム相談も始めている。コレ、以外と盛り上がる!(笑) またうちにはショップ以外にメーカー業やFC本部やその他様々な顔があるから、その全ての事業を通じて「クルマって楽しい!」を提案したい。

うちは大手じゃ出来ないことを徹底的に磨きあげ提供しよう。(*^^*)

最後に「在宅疲れ」という言葉を耳にするようになってきたきた今、外出自粛要請で今まで感じたことの無いストレスが現れてる人に対し、家に居ながらもカスタマイズとモノヅクリの現場を体験できる笑い満載のYouTubeチャンネルを開設しました!その名も「MCしゃちょーのカスタムカーTV」\(^-^)/(笑) こちらはもう間もなく配信が始まります。勿論、終息後はクルマ好きが集まれるリアルイベントもやるよ!こちらも同業の仲間と組んで、今から仕込んでいきます!!

結論としてね、自分は微力だけど無力じゃないって信じてまず行動することが大切だと思う。批判だけなら誰にでも出来るから。
そして時代が大きく動く時こそその隙間を見つけやすくなるから、僕らは誰より先にその隙間を見つけ、大胆に投資し、その頂点を握ってビジネスをする。それと同時に今持つUSPにも更に磨きをかける。右往左往し過ぎず、もっともっと深掘りし専門化する。極論、1人にターゲットを絞り混む位ニッチなマーケットで勝負する。マクロとミクロ。その二つの視点とバランスが重要だと思う。

そして常に全て自分次第。環境や他人のせいにしない。「コロナが終息したら頑張ろう」じゃ遅い。気付いた人間から動くべき。新しいことに挑戦して経験値積むチャンスじゃん!(*^^*) 僕も、テメーの決断を信じビビってねーで行動しろ!ってお風呂で鏡見ながら弱い自分に言い聞かせてます。成功の反対は失敗じゃなく「自分が選んだ」だからと。(^_^)v これは不変。

長々と書いたけど、この考えが正しいかどうかなんて今は分からない。それだけ今は大きな変革の時。でも1つ言えるのは、最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることができるのは、変化できる者であるってこと。これも不変。

変化の中での不変。

それを楽しみながら、今日は早めに帰って自宅で読書と映画に没頭しよう。これもまた不変の楽しみなり♪

って思ったけど、20時からもう一本ZOOM打ち合わせが入ってたわ。(^-^; 早く終わるとイイナ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毎日更新!スタッフバトンブログのブックマークは→コチラ←から!(*^^*)


友だち追加





 

===SNSや関連サイトはこちらから===

 

↓↓☆☆HP☆☆↓↓

ショップ部門(ジェットストローク)
https://jetstroke.com
塗料メーカー部門(ラバーディップ)
https://www.rubberdip.jp
塗料メーカー部門(SPPF)
https://sppf.rubberdip.jp/
鈑金塗装部門(クルマド)
https://kurumado-group.com/
ワンオフ造形部門(ジェットコンセプト)
https://www.jet-concept.jp/
パーツメーカー部門(エフェクター)
https://effecter.jp/
オリジナルパーツ・商品部門(ジェットストア)
https://jetstroke.stores.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(メッサー)
https://messer-wheels.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(R3)
https://r3-wheels.jp/
24Hロードレスキュー(ジェットレッカー)
http://jetstroke.wixsite.com/jetwrecker
tokyo motor collection
https://jetstroke.com/lp/tokyo-motor-collection/

↓↓☆☆公式LINE@ページ☆☆↓↓

↓↓☆☆ブログ☆☆↓↓

スタッフブログ
https://jetstroke.com/blog/category/staff/
オーナーブログ
https://jetstroke.com/blog/category/owner/

↓↓☆☆Facebookページ☆☆↓↓

ジェットストローク
https://www.facebook.com/jetstroke.funpage/
ユーロサイドbyジェットストローク
https://www.facebook.com/euroside.jetstroke/
ラバーディップ
https://www.facebook.com/rubberdip/
クルマド
https://www.facebook.com/kurumadogroup/
エフェクター
https://www.facebook.com/effecter.jp/
メッサー
https://www.facebook.com/messer.jetstroke/
R3
https://www.facebook.com/R3.jetstroke/
tokyo motor collection
https://www.facebook.com/tokyomotorcollection/

姉妹店 JETSTROKE LAKESIDE

   
ホームページ
https://jetstroke-ls.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/Jetstroke-lakeside-296200804561382/
   
インスタグラム
https://www.instagram.com/jetstroke_lake_side/

————————————————-
有限会社 ジェットストローク
■店舗 (店頭へお越し予定の方はこちら)

〒273-0121 千葉県鎌ヶ谷市初富178-2

TEL: 047-446-5557 FAX: 047-446-5552

休店日: 祝日 / 夏季 / 年末年始 / イベント出店日

営業時間: 10:00~19:00(木曜は10:00~15:00までの短縮営業)
————————————————-