カーボンシート・カーボンステッカー貼付け加工!

※下記の内容は2018年以前のみんカラブログの記事をホームページ用に転載した過去ログとなります。

 

みなさんこんにちわ!

先日書きました、リアルカーボン貼り付け加工は大反響を頂きました!

ブログ読者様からのご質問&ご注文有難うございます!!

また、リアルカーボン加工の専門サイト
「ジェットコンセプト」もOPEN致しましたのでぜひご覧下さい!

→ジェットコンセプトはコチラから←

さて話を戻しまして、ブログではほぼ平面の給油口で試しましたが、ヘッドライトのインナーやエンブレム、ハンドル等曲面のキツイ所でも張り込みますので詳しくはコチラのブログを見て下さいね!

→リアルカーボン加工特集←

そして今回はもうチョッと現実的なDIY、「カーボンシート・カーボンステッカー貼り付け加工」のやり方(方法)をご紹介いたします! (オプション2様の取材を受けました)

今回も写真(画像)盛りだくさんで紹介して行きますよ~♪

まずはこちらから↓

ちょっとブームが過ぎ去った感じのGTウイングです。

コイツを今風のカーボンメイクでアレンジしちゃいます♪

(両面を2分割で張り込み、翼端板も裏表張りこみます。)

またまた登場!オプション2編集部のオータさん。  (ベロ出すの好きだねぇ~♪)

何事も全てはキレイキレイする所から始めます。

油分はステッカーの大敵!

食器用の中性洗剤でOKです。

誰だってシャワーを浴びている時が一番ドキドキしていますね。(笑)

よーーく水分を拭き取ったらいよいよ作業に入りますよ~

コチラがその3M製カーボンシート(ダイノックシート)↓

近くで見ても本物のカーボンとそっくり!!

こちらはその色見本↓

カーボン柄だけでも何種類もあります!

その他、大理石調やウッド調、メッキ調などものすごーーーい種類があります。 コチラはその3Mの色見本です↓


(友情出演・左端からケンシン・アベおじさん・千恵姫)

色見本マニアのささきとしてはワクワクしちゃう色数です!!

話は戻りまして、まずはシートの上にウイングを置いて採寸します。

ここであまりシートをケチると、後で5mm足らなくなった時に涙が出てきますのでちょっと多め(両端2~3センチ位)に余らせてカットします。(1度で両面を張ることも出きますが、今回は片側ずつ張って行きます。)

準備は万端!!

さぁ!張るぞ!!やるぞ!!!

と思いきや、まだまだやる事があるんです・・・

そう急ぐなって!!

ゆっくり、じっくり、順序が大事♪

焦ると良い事はありません。(余裕の無い男は嫌われます。)

こちらはシリコンオフ(脱脂)の模様です。 自分の手も脱脂します。

脱脂が終わったらいよいよ張る直前の最終工程!

ラスター(ほうき)によるゴミ除去です。

撮影の関係で外で作業しておりますが、風が吹いたら終了ですので、室内での作業をオススメします。)   

おおお~~!!!!

いきなり店長が半分以上シートを捲ってしまっているではありませんか!!!↓

通常は中心を決めて両端に向かい徐々にエアーを抜いていくのですが、さすが店長! 男張りです。←ウチではステッカーをヘラを使わずに指先だけで一気に貼る姿を男張り(おとこばり)と呼んでいます。(マジ)

ちょっとビビってるオータさん。。。

俺もビビりました。

※店長だから出来るワザです。正規の張り方は下の方で紹介しますからね。

やはりそれでも店長の名前を授かっただけの男です。 オータさんにバシバシ指示を出しながら、一気に張り上げました。 二人の(連携)プレイは最高でした♪↓

写真はエアーを抜くオータさん。 (道具は3Mから出ている専用のヘラにフェルトを巻いているのモノです。 これはイイっすよ!表面を傷つけずスイスイ脱泡ができます。)

こちらは裏返して返しの部分を圧着する様子↓

不要な端の部分はカットします。↓

そして裏側からもシートを張ったら、マスキングテープでガイドを作り、直線でピシーーーっと切ります。 (カッターを強く入れすぎないように) この時シートが合わさる所はなるべくカーボンの目を合わせながら裏側(目に付かない所)で行います。 (ゴメンナサイ写真がねぇ・・・)

こちらは翼端の張り込みの模様です。

まずは寸法を取って、チョッと大きめに裁断。 ↓

アールの厳しい部分にはドライヤーで熱を加えてあげます。 ※業務用のホットガンでは強すぎてダメです! 家庭用ドライヤーで十分!!

この時、ドライヤーを使いすぎるとカーボンの目がずれたり伸び過ぎてしまう事がありますので注意が必要です。 (後日剥がれの原因ともなります。)

そして裏からも張り込み、不要な部分をカットして出来上がり☆↓

早速組み付けです。

はぁ~~い完成!!

古臭いGTウイングが、流行のカーボンメイクで生まれ変わりました。 ↓

お次はホンダ・ビートのボンネットです。

この車はネット事業部のペリー大佐の車です♪

ウイング同様洗車&脱脂をして~↓ (へんなネックレスをしながら手伝うペリー)

おおよその大きさを決め裁断します。 (ここからはイノが助手)

コチラはアールが厳しい所などに使う、粘着増強剤をボンネット裏に塗っている店長。 もちろんペペではありません。(ごめんなさい。)

そして中央に切れ目を入れ、ボンネットの中心をまず決めます。 裏側の紙だけ切ってシートを切らない。 罪を憎んで人を憎まず。  店長ってかっこいい☆(専用のカッターも販売しております。)

張り込みは中央から徐々に外側へ向け張っていきます。 ボンネットは二人で作業するのがベスト。

こちらは気泡が抜けていく様子。↓

シワにならないよう、ゆっくりゆっくり抜いていきます。(一度シワをつけてしまうと消えなくなってしまう可能性があります。)

けっしてゴリゴリやってはいけません。

強引はイイけど、無理やりはイヤ♪♪♪

慎重に♪慎重に♪

アールのきつい所はこんな風に引っ張りながら徐々に熱をかけ、張り込んでいきます。  うまくついてきてくれないからと言って、焦りは禁物。 ドライヤーの熱の当て過ぎにも注意!  根気よく♪根気よく♪

さーーって、あと半分! もう完成ですね!!

っと思いきや、、、

いきなりのデザイン変更!!

左右のプレスラインでカットし、(これまたボディを傷つけない裁断技術!) ボンネットの中央部分のみをカーボンシート化しました。 店長はエンジンルームに入って折り返し部分の裁断中。   ドライヤー担当だったぺりーさんも、あとは見守るのみ!  店長!お願いしますぅぅ~~!

はーーーい!!

完成です!!

引き締まった印象になりました。 カットして正解かも☆☆

こちらは先ほどのアシスタント、新人「イノ君」が自分のタントちゃんにカーボンシートを張っているところ↓
中央から徐々にエアーを抜きながら張って行き・・・  (エアーは表面からも抜けます。)

局面はチョッとだけ引っ張って・・・

平面はヘラでゆっくりシワを伸ばし・・・

折り返しの重要部分だけ、粘着補強剤を塗って接着し・・・

ハイ!完成!!

もちろん飽きたら剥がせますよ!

この位のサイズのボンネットなら金額は25000~30000円前後です。

こちらはボブ店長のベンツML↓

イカツイ!!

その他↓

(協力・ゲットクリーン様)

かなりきついアールもご相談下さい。

分割する場合もパッと見てわからないほどの綺麗さに仕上げます!

こちらはチョッと作ってみたカーボン柄ステッカー↓

チームの名前や車種なんかで作ったらカッコイイかも?!

自社で文字デザインからカッティングまで行います。
(小さい文字は耐久性の面からみてお勧めできません)

その他のカーボンシート貼り付け加工の価格表です。

リップスポイラー        15000円~
フルバンパー          50000円~
フェンダー(左右)        50000円~
ボンネット            25000円~
ルーフ              30000円~
ミラー(左右)           20000円~
トランク             25000円~
サイドステップ(左右)      30000円
ピラー(1箇所)          6000円~
ホイール(1本)          20000円~
ヘッドライトインナー(左右)  30000円~
ウイング             20000円~
内装小物パーツ         6000円~

フルラッピング(1台)  300000円~

※脱着・分解が必要な物は別途工賃がかかります。

また施工だけでなく、DIYユーザーの為にカーボン柄を始め、様々な色のダイノックシートの販売もしております。

横幅122CM×縦幅1Mが最小のオーダー単位で、ちなみにブラックカーボン調シートは1m、¥6300で販売しております。
(送料は本州¥1000  北海道・九州・四国・沖縄は¥1500)

※ご購入頂いた方には、張り方のコツ等お電話にて詳しくご説明させて頂きます。

ってな感じで今日のブログはおしまいです。

最後まで読んでいただいた方、有難うございます!!

携帯ではこの枚数の画像は厳しいですよね!(泣)

社員研修(バリ旅行)まであと2日!!

今日もガンバルゾ!!

ps

この記事のもっと詳しい内容は次号のオプション2様に掲載予定です。

ゼヒ買って下さいね! (私のコラムのコーナーも見てね♪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毎日更新!スタッフバトンブログのブックマークは→コチラ←から!(*^^*)


友だち追加





 

===SNSや関連サイトはこちらから===

 

↓↓☆☆HP☆☆↓↓

ショップ部門(ジェットストローク)
https://jetstroke.com
塗料メーカー部門(ラバーディップ)
https://www.rubberdip.jp
塗料メーカー部門(SPPF)
https://sppf.rubberdip.jp/
鈑金塗装部門(クルマド)
https://kurumado-group.com/
ワンオフ造形部門(ジェットコンセプト)
https://www.jet-concept.jp/
パーツメーカー部門(エフェクター)
https://effecter.jp/
オリジナルパーツ・商品部門(ジェットストア)
https://jetstroke.stores.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(メッサー)
https://messer-wheels.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(R3)
https://r3-wheels.jp/
24Hロードレスキュー(ジェットレッカー)
http://jetstroke.wixsite.com/jetwrecker
tokyo motor collection
https://jetstroke.com/lp/tokyo-motor-collection/

↓↓☆☆公式LINE@ページ☆☆↓↓

↓↓☆☆ブログ☆☆↓↓

スタッフブログ
https://jetstroke.com/blog/category/staff/
オーナーブログ
https://jetstroke.com/blog/category/owner/

↓↓☆☆Facebookページ☆☆↓↓

ジェットストローク
https://www.facebook.com/jetstroke.funpage/
ユーロサイドbyジェットストローク
https://www.facebook.com/euroside.jetstroke/
ラバーディップ
https://www.facebook.com/rubberdip/
クルマド
https://www.facebook.com/kurumadogroup/
エフェクター
https://www.facebook.com/effecter.jp/
メッサー
https://www.facebook.com/messer.jetstroke/
R3
https://www.facebook.com/R3.jetstroke/
tokyo motor collection
https://www.facebook.com/tokyomotorcollection/

姉妹店 JETSTROKE LAKESIDE

   
ホームページ
https://jetstroke-ls.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/Jetstroke-lakeside-296200804561382/
   
インスタグラム
https://www.instagram.com/jetstroke_lake_side/

————————————————-
有限会社 ジェットストローク
■店舗 (店頭へお越し予定の方はこちら)

〒273-0121 千葉県鎌ヶ谷市初富178-2

TEL: 047-446-5557 FAX: 047-446-5552

休店日: 祝日 / 夏季 / 年末年始 / イベント出店日

営業時間: 10:00~19:00(木曜は10:00~15:00までの短縮営業)
————————————————-