ハーテリー主催!king-of-kcarに出展してきました!in大阪

みなさんこんにちは~

中々ブログの更新が出来ず申し訳ありません。

今日は日曜日に大阪で行われました、ハーテリーさん主催のking-of-kcarの模様をUPしたいと思います!

まずはローダーに展示車両(河野タント号)を積み込み、大阪まで約8時間のドライブ。。。

お客様の車なので、慎重に積み込みします。

で、AM5時に現地到着!! 不眠不休の為、超ネムーーーイ!!

しかし、そんな事も言ってられず即効ブースの設営開始!!

今回はこんな感じのブースです。↓

昨年のオートサロン出展から、相変わらずの注目度万点タントちゃん。

ワンオフヘッドライト&バンパーも↓

ワンオフオーディオ&エアサスも↓

オリジナルのカスタムペイントも↓

来場者さん達から視線を集めていましたよ~!

こちらはメーカー&ショップさんの雑誌用集合写真の様子。

TVでも放送されるし、DVDにもなるらしい♪

最前列右から4番目が私です。 ブーツを車に積み忘れてサンダルで参加してます。(笑)

↓こちらはハーテリーの近藤さんとファンキーボブとアベイベー!
無線機を2つ持ちながら携帯もジャンジャン鳴ってましたね~

ほんと、イベント設営って多忙を極めると思いますがハーテリーさんや先々週のKブレイクさんのように率先してドレスアップ業界を引っ張っていってくれているメーカーさん達が居るからこそ、盛り上がって行けるのだと思います!!

そしてモチロン、それに参加してくれているユーザーさん達が居るからこそ、イベントが成り立ちます。

また、イベントに出るほどカスタムしてないからな・・・ ちょっと自信無いな・・・

そんな事は一切関係ありませんよ!!

前回も書きましたが、ホイールを変えただけだって、これから改造する予定の人だって、ガンガンイベントに参加しましょうよ!! エントリーだけがイベントの醍醐味じゃありません!! トロフィーだけが全ての評価ではありません!!

アメリカのように、おじいちゃんになってもガレージにしまってある自分色のホットロッドで奥さんと映画にでも出かけましょうよ!

カスタムカーのある生活!

カスタムカーと歩む人生!

そんなカスタムカーライフを提唱して行きたいです。

ウチも微力ながら頑張りますよ!! 誰もが気軽に参加できるイベントを関東で開催したいなぁ~!!!

みんなで力を合わせて業界をガンガン盛り上げましょう!!!

※Kブレイクさんのイベント記事はコチラから~

そして自社ブースでは相変わらずめちゃスケが大好評!!!!!

※めちゃスケとは弊社オリジナルのヘッドライトのスモーク加工用塗料で、真っ黒に塗ってもライトを付けるとスケスケになる画期的な塗料です。

詳しくはコチラから~

しかも、今回は実演販売をしましたので、常に沢山の人だかりが出来るほどの反響でした!!

こんな感じ~ ↓(消灯時)

↓(点等時)

↑点滅モ~~ド♪

結構沢山持っていきましたが、半分以上が会場で売れました!!

ご購入いただきました皆さん、有難うございます!!!

当日お渡しできなかった説明書も郵送させて頂きました!使用方法等分からない事がありましたら、ドシドシお電話くださいな!

そしてなんとお昼ぐらいからは土砂降りの雨が・・・・・

こちらはフリーラーターの小泉さん↓ この写真でどれだけ凄まじい雨だったかが分かると思います(笑)

こちらはブースへ遊びに来てくれた、㈱RIPの程能さんと私です! 土砂降りの中ブースの片付け等最後まで手伝って頂きました!

本当にX2マジ感謝です!!

次回は1日前乗りしますので、ゆっくりお話させて下さい!!(笑)

こちらはブースで店番中に居眠りこいて、俺にマジックで落書きされたアベイベー。↓(鼻とおでこ)

この顔でお客様の車を審査していました。(笑) 大阪まで来て恥さらし全開でございます。

ププッ!!

そしてこちらは最後の一枚。

私の宝物のショットです。(偶然通りかかったベイベー、サンキューー!!)

ボルドワールドの奥様とのツーショット♪♪ (横に社長が居るけど 笑)

いつもイベントでお話させて頂くのですが、実は私、奥さんのファンなんです。

エアサスの事はモチロン、この業界の事を真剣に考えているとても魅力のある女性です。 (若造がこんな発言してスイマセン。。)

この日も、奥様と今後の業界の動向や、今私たちがしなければならない事等をお話させて頂きました。

これは常日頃から考えている事ですが、残念ながら車業界は間違いなく、縮小します。(唐突ですが。)

原因としては若年層人口の減少、所得格差の拡大、携帯電話の普及と共に増えた通話料の負担、様々な法律的規制等が挙げられます。(マフラーの音量規制なんかが良い例ですね)

そしてドレスアップ業界とはすぐには直接関わらないかもしれませんが、一番の原因は下記のグラフのように、「すでに自動車が飽和状態」にある事だと思います。

車も、車屋も、溢れかえっているのです。

マーケティング用語で、「プロダクトライフサイクル」という言葉があります。

これは製品の売上と利益の変遷を4つの段階で説明するモデルで、各々の時期において適切な戦略をとることが企業にとって生き残りの鍵となる。という発想です。

導入期:市場拡大戦略(設備投資費開発費回収のため、速やかな売上拡大を行うこと。)

成長期:差別化、浸透戦略(フォロアー対策のためブランドの確立を行うこと。)

成熟期:シェア維持戦略、ニッチ戦略(競合他社による侵食を阻むこと。成長期において開拓しなかった隙間市場を埋めること。生産工程の効率化を図ること。)

衰退期:撤退戦略(製造設備の転換廃棄に見込まれる損失を見極め、損益分岐を元に撤退を図ること。)

私が個人的に感じる自動車業界のライフサイクルは現在「成熟期」にあたるのではないでしょうか。

そしてそう遠くは無い数年後には、いよいよ衰退期を迎える事になるでしょう。
(もしかしたらすでに始まっているかもしれません・・・)

※コンビにより数が増えてしまった歯医者さんは、現在生き残る為に必死のようです。

私達の業界も人事ではありません。あらゆる企業が淘汰されていく中、勝ち残って行く為には、今どんな努力をするべきなのか。

目先の利益だけを追っているようでは、到底勝ち抜くことは出来ませんし、未来ばかりを描いていては、今日を生き抜くことは出来ません。

今何が本当に大切なのか。

私はその一つに「信念」を持ち続ける事が必要だと思います。

ポリシーに反するモノでも、目先のお金に成るからそれを売り歩くのか。

自分がユーザーだった頃の想いを忘れ、自社の利益ばかりを追求した接客をするのか。

なぜこの会社を創ったか(入社したか)を忘れて、他人の芝生をうらやむか。

社長の考えが会社の方向性そのものだと思います。

考えは常に変化していくものですが、柱(信念)がブレてはいけません。

奥様が言ってらっしゃいました。

「私達がポリシーを持って製造する商品が、目先の価格だけが安い商品に負けるのであればそれはそれでしょうがない。 確かに企業努力は必要だけど、価格競争の渦の中ではユーザーに本当に喜んでもらえる商品は作れません。  それでももし、ユーザーが安さだけを求めたという答えであるのであれば甘んじて受け入れます。」

とおっしゃっておりました。

なんて潔く、カッコいい言葉なんでしょう。

でも、私には

「私たちがポリシーを持って作った商品が、目先の価格だけが安い商品に負けるはずが無い」という自信の表れにも聞こえました。

けっして驕って言っているのではありません。

常に謙虚な姿勢の方です。

しかし、これこそが

挑戦し続けている会社の「揺るがない信念」だと思います。

確かに、時代の流れでこのような景気の時は低価格なモノが流通しやすくなりますが、ロレックスだって、BMWだって安易な値引きはしていません。

しかも、売れ行きも好調のようです。

それはメーカーとして、揺るがない信念を商品に込めているからだと私は思います。

もっと言うのであれば、商品その物の価値ではなく、メーカーが信念を貫き通して生まれたそのストーリーを「価値」として販売しているのです。

それを求めているユーザーはきっと居るはずです。

私もそのような方達と一緒に成長していきたい。

そう考えております。

※勘違いしないで下さいね! 高価なモノが偉いのではなく、価値のない商品(技術)を武器にする気は無い。という事ですからね♪

例に、弊社の武器の一つ「パーツの激安販売」はお客様の立場に立った「価値ある販売方法」だと信念を持って言い切ります。

一見矛盾しているように感じられますが、どこの店(店舗・ネットショップ)で買っても同じ商品なのであれば、安心の実店舗(オフィスだけではなく、自社工場完備)と圧倒的な専門知識と歴史、そしてメーカー様との直接の仕入れルート等それらを合わせ持ち、全国のどこのお店よりも安く商品を販売する事がお客様のニーズにマッチしているという私の「信念の販売方法」です。

工賃だって同じクオリティを保つことを前提で、少しでも安くお客様に提供出来るよう効率化をはかったり、材料やその他のコストを押さえる挑戦が企業として大切だと思います。

ちょっと長くなちゃいましたね。

それではウンチクブログはこのへんでお開きにします(笑)

バイチャー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毎日更新!スタッフバトンブログのブックマークは→コチラ←から!(*^^*)


友だち追加





 

===SNSや関連サイトはこちらから===

 

↓↓☆☆HP☆☆↓↓

ショップ部門(ジェットストローク)
https://jetstroke.com
塗料メーカー部門(ラバーディップ)
https://www.rubberdip.jp
塗料メーカー部門(SPPF)
https://sppf.rubberdip.jp/
鈑金塗装部門(クルマド)
https://kurumado-group.com/
ワンオフ造形部門(ジェットコンセプト)
https://www.jet-concept.jp/
パーツメーカー部門(エフェクター)
https://effecter.jp/
オリジナルパーツ・商品部門(ジェットストア)
https://jetstroke.stores.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(メッサー)
https://messer-wheels.jp/
ホイール 日本正規ディーラー(R3)
https://r3-wheels.jp/
24Hロードレスキュー(ジェットレッカー)
http://jetstroke.wixsite.com/jetwrecker
tokyo motor collection
https://jetstroke.com/lp/tokyo-motor-collection/

↓↓☆☆公式LINE@ページ☆☆↓↓

↓↓☆☆ブログ☆☆↓↓

スタッフブログ
https://jetstroke.com/blog/category/staff/
オーナーブログ
https://jetstroke.com/blog/category/owner/

↓↓☆☆Facebookページ☆☆↓↓

ジェットストローク
https://www.facebook.com/jetstroke.funpage/
ユーロサイドbyジェットストローク
https://www.facebook.com/euroside.jetstroke/
ラバーディップ
https://www.facebook.com/rubberdip/
クルマド
https://www.facebook.com/kurumadogroup/
エフェクター
https://www.facebook.com/effecter.jp/
メッサー
https://www.facebook.com/messer.jetstroke/
R3
https://www.facebook.com/R3.jetstroke/
tokyo motor collection
https://www.facebook.com/tokyomotorcollection/

姉妹店 JETSTROKE LAKESIDE

   
ホームページ
https://jetstroke-ls.com/
フェイスブック
https://www.facebook.com/Jetstroke-lakeside-296200804561382/
   
インスタグラム
https://www.instagram.com/jetstroke_lake_side/

————————————————-
有限会社 ジェットストローク
■店舗 (店頭へお越し予定の方はこちら)

〒273-0121 千葉県鎌ヶ谷市初富178-2

TEL: 047-446-5557 FAX: 047-446-5552

休店日: 祝日 / 夏季 / 年末年始 / イベント出店日

営業時間: 10:00~19:00(木曜は10:00~15:00までの短縮営業)
————————————————-